漢字とひらがな、どっち?|占いサイトで姓名判断ができる!赤ちゃんの名前を考えよう!

女性の手相

漢字とひらがな、どっち?

おみくじ

今も昔も、女の子の名前で漢字を選ぶ人は沢山います。 漢字を選ぶ理由は、「年をとっても違和感のない印象にしたい」「苗字とのバランス」など、様々考えられることはありますが、一番大きな理由は、漢字の組み合わせで、名前の由来や意味を持つからだと言われます。 例えば、「あきこさん」の場合、ひらがなで「あきこ」だと、由来が分かりづらいですが、「明子」だと「明るい子に育ってほしい」といった由来が込められています。 また、お子様本人が小学校に上がったころ、学校によっては習っていない漢字を使ってはいけないように教えられている学校もあるため、ひらがなだと小学校を卒業するまで、自分の名前をすべてひらがなで書いてしまう事象も避けられませんが、漢字だと、そういった事象はひらがなよりは当然可能性は少なくなります。 これらの理由より、漢字の女の子の名前には、時代を選ばないことから安定していると言えます。

一方で、ひらがなの名前も女の子の名前として人気があります。 ひらがなを選ぶ理由はやはり、「柔らかな印象」「女の子らしさを表現したい」と言われます。 ひらがなは、平安時代にさかのぼり、漢字を崩したものだと言われています。 その当時、女流文学が盛んであり、そういった女性の作家によってひらがなを用いられていたことから、ひらがなは女性特有の文字とも言われていました。 先ほどの「あきこさん」を例にしますと、漢字で「明子」で書くのとひらがなで「あきこ」と書くのとでは、ひらがなの方が柔らかく、女の子らしい印象がありませんか? ひらがなの名前には、文字そのものに意味がないために、一見名前の由来も分かりづらいように見えますが、漢字と違い無限大に表現することが可能になり、また、人からも覚えられやすい傾向があります。 これらの理由より、ひらがなの名前は、これからの将来人気を博してくるでしょう。